素材選びで考えること

リビングのアイキャッチ画像

住宅をつくる上で、素材選びはとても大切です。

「詳細図ってなに…?僕が世界観にこだわる理由」の記事でも触れましたが、使う素材によって、家の世界観が大きく変わってきます。

素材の持つ存在感、特徴を活かして、どのような空気感を演出するか。

これは設計におけるもっとも大きな悩みごとであり、同時に設計者に与えられた楽しみでもあります。

つい先日ご契約いただいた土浦市のリノベーション工事を例に、設計時の素材選びのプロセスについてお話ししたいと思います。

個性的な無垢の床材「サペリ」

リノベーションする建物は、クライアントのおばあさまが所有されている、築30年の和風づくりの家。

クライアントの希望は、以下のようなものでした。

  1. インダストリアルデザイン
  2. キッチンはモルタル製
  3. 扉は無垢の造作扉
  4. キリムラグのような伝統工芸品や古家具が好み

控えめに言って、個性の強い素材ばかり。

僕はさんざん悩んだあげく、赤褐色が美しいマルホン社の「サペリ」という床を選びました。

無垢の床材といっても、標準仕様の中から選べば種類が限られているのでラクチンです。

でも世界中の無垢を視野に入れると、おそらく何百という種類があります。

  • クライアントが希望された個性の強い素材に負けないものは?
  • 節はあった方がバランスが良いかもしくは無節が良いか
  • 荒々しい雰囲気、上品な雰囲気はどちらがいい?
  • 固さや経年による変化も考慮して
  • 幅や長さはどのくらいが良いか?
  • コストは合うだろうか?
  • クライアントの好みに合うだろうか?

素材の選択肢が多ければ多いほど、その中からひとつを選ぶのに苦労します。

でも苦労するからこそ楽しいとも言えます。

どんぴしゃりなひとつが見つかったときは、本当にうれしいものです。

 

テクノロジーを駆使したデザイン家電で有名な「BALMUDA(バルミューダ)」の社長の言葉を借りると、

「楽しさはつらさとセット、楽(ラク)はつまらなさとセット」

まったくその通りです。

 

産みの苦しみがないラクな仕事は、僕たちがつまらない。

だから我が社では、標準仕様の家をつくらないのだと実感しました。

光を活かす素材「ワーロン障子」

部屋の中に自然光を取り入れることで、家はぐんと魅力的に輝きます。

ただ、たくさん窓を作ればいいというものでもなく、建物の周辺環境を考慮しなくてはいけません。

 

今回の建物は南道路の敷地で建物が道路近くに建っているため、当時の設計者がプライバシーを意識してか、南側に床の間が設けられていました。

結果、南側からの光が全く入らず、東側に作られた縁側からの弱い光に頼らざるを得ないのです。

 

この悩みを解決すべく、今回のリノベーションでは東側にあった縁側を南側に移動させ、日当たりの良さを活かして室内洗濯物干しスペースとして利用しました。

南向きに大きく取った窓(高さ2400ミリ)からは、十分な光を取り入れることができます。

でも残念なことに、窓から見えるのは生活感溢れる道路の景観であり、さらにLDKからは室内物干しスペースも丸見えです。

そこで室内物干しスペースとLDKの間仕切りに、耐久性のある「ワーロン障子」を使いました。

これならさりげなく目隠しをしながら、風合いのあるやわらかな光を楽しめます

設計者として譲れないもの

主張の強い素材同士をうまくまとめたり、建物のマイナス要素をプラスに変えたり。

家づくりの回数を重ねるたび、設計は間取りだけではなく、素材選びが重要だとつくづく感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください